○小学生夏休み歴史教室について
 羽島市歴史民俗資料館では、毎年、羽島市内の小学4~6年生とその保護者の方を対象として「小学生夏休み親子歴史教室」をひらき、羽島市やその付近の歴史にかかわるいろいろな場所を訪ねています。 今年は、美濃路を訪ねる学習会を計画しました。実際に見学することによって美濃路の旅の様子が実感できると思います。特に、社会の授業で歴史を勉強している6年生は、知識を増やすいい機会になると思います。4・5年生も歴史学習に興味がわくきっかけになることでしょう。
 ☆美濃路について☆
美濃路は、江戸時代初頭に整備された街道で、中山道の垂井宿と東海道の宮宿を結ぶ14里24町15間(約58km)の脇街道です。 この美濃路は、慶長(けいちょう)5年(1600年)の関ヶ原(せきがはら)の戦いで勝利をおさめた徳川家康が凱旋(がいせん)した道で、「吉例(きちれい)街道(かいどう)」といわれていました。また、中山道や東海道に比べ、割合に平坦な道が多い美濃路を多くの人が利用し、将軍や大名、朝鮮通信使の通行の際にも使用されるなどとても重要な道でした。 このように多くの人々が行き交った美濃路が私たちの住む羽島市を通っていました。  現在も所々に残る美濃路の跡を訪ねてみませんか?
1.集合場所

羽島市歴史民俗資料館(竹鼻別院前)


2.指導者
 


野田 邦男 先生 (羽島市歴史民俗資料館名誉館長)

3.持ちもの

筆記用具、ノート(クリップボードがあると便利)、水筒、帽子、雨具、 カメラ(あったらぜひ!)
   
 
8月4日(水)8:30~11:30
 (少し雨がふっても、そのまま開催します。)
  
   
     

①一宮市尾西歴史民俗資料館
②富田一里
③舟橋跡の石碑(車中)
④起渡船場石燈台(車中)
⑤金刀毘羅神社
⑥「いせみち」道標
⑦子守地蔵と道標(車中)
⑧不破一色・坂丸一里塚跡(車中)
⑨及ヶ橋の石燈籠(車中)
⑩及ヶ橋(車中)
⑪天満神社社標
⑫間の宿跡
⑬西方寺への道標
⑭西方寺への道標と辻地蔵(車中)
⑮東小熊・西小熊一里塚跡(車中)
⑯秋葉神社(車中)
⑰境川橋  

 
起宿脇本陣跡、旧林家住宅
 
富田一里塚

①尾西歴史民俗資料館

⑤金刀毘羅神社

⑫間の宿

⑭辻地蔵
       

トップへ戻る